目次

・今!好条件で転職できるチャンス

   1.働き方が見直されている

   2.まずは1歩目の行動を

・整備士転職活動の流れ

   1.転職活動の計画

   2.転職先の企業研究

   3.経歴の見直しと自己分析

   4.応募・選考

   5.退職手続きと円満退職

・転職活動を一人で行うには限界がある

・初めての転職にはエージェントがオススメ

   1.企業内部情報に詳しい

   2.応募代行とスケジュール調整

   3.自己分析のアドバイス

   4.退職手続きのアドバイス

 

整備士の人材不足が嘆かれる今こそ、好条件での転職を叶えられるチャンス

1.整備士が不足している今、働き方が見直されている

2.現状を変えたいのならば、まずは1歩目の行動を

 

整備士が不足している今、働き方が見直されている

昨今の自動車業界では整備士の不足が嘆かれており、原因として若者の車離れ、少子高齢化、職業選択肢の多様化といった様々な要因が挙げられます。下記の通り、80%以上の事業所が整備士採用が難しいと回答しています。

これに対して国土交通省が改善に向け、平成27年6月より「自動車整備人材の確保・育成に関する検討会」を発足し、整備業における給与面や休暇日数といった労働環境、仕事に対するやりがい等、待遇の改善などの対策について、広い視野で総合的に検討をしています。

 

現状を変えたいのならば、まずは1歩目の行動を

自動車業界での働き方改革が始まりつつある今だからこそ、転職による待遇面の向上や給与アップを実現できるチャンス。今の職場で待遇や給与、労働環境などに不満があり、現状を変えたいと思っているならば、後悔をする前にまずは1歩、行動を起こしてみることをおすすめします。

 

整備士の転職活動の流れ

それでは、整備士としての転職活動を始めるにあたって、 どのような準備が必要になるのでしょうか。 ここでは、転職活動前の準備から、内定後の流れまでをご紹介していきます。

1.転職活動の計画

2.転職先の企業研究

3.経歴の見直しと自己分析

4.応募・選考

5.退職手続きと円満退職


転職活動の計画を綿密に立てる

上記のように、転職活動はやるべきことがとても多いことがわかると思います。

つい「早く転職したい」と焦って行動に移してしまうと、準備や実行をする時間が足りず、思いもよらぬ失敗をしてしまうことも。転職活動は初めての時こそ、どんな状況にも対応ができるようにスケジュールを綿密に立てていきましょう。

 

志望先の企業研究を行う

 

ミスマッチや後悔のない転職を実現するためには、志望する企業が、自身の希望と本当に合うかどうかを見極めるために、入念な企業研究を行う必要があります。

特に気をつけたいポイントとして、求人票や会社HPを見るときに仕事内容や給与、勤務時間だけでなく、経営者の理念、現場の風土、評価制度など、転職後の働き方をリアルにイメージするために、様々な視点で見極めていきましょう。

 

自身の経歴を見直し、自己分析をしっかりと行う

 

転職活動を行うにあたって、客観的な目線でキャリアを振り返り、自身の整備士としての強みやPRポイントを見つける必要があります。また、一度自己分析を行った上で志望動機や自己PRを固める事で、その後の書類作成や面接対策にかける時間を短縮できるようになります。

 

応募・選考へと進む

事前準備が整ったら、応募と選考へ進みます。

しかし転職活動では、複数の会社への応募・選考を進めていくことが普通なので、面接日などが被らないように、日程調整を慎重に行う必要があります。

また採用担当者と連絡を取り合う際は、スピーディな対応ができるように、忙しい中でも、転職活動に費やす時間を確保しなくてはなりません。

 

転職後の退職手続きを行い、円満退職へ

選考・面接を無事通過し、内定を獲得した後は、いよいよ退職の手続きへ。

しかし、退職の手続きといっても、「いつまでに何をすればいいか」ということを事前に知らないと、思わぬトラブルを引き起こすこともあるようです。

内定獲得後の時期はどうしても、「転職が決まって一安心」という気持ちを抱えてしまいがちです。

しかし、ここで気を抜いてしまうと、現職での引き継ぎが不十分なせいで転職後に問題が発生したり、業界内で悪い噂を流されてしまう、といったリスクも考えられるので、気持ちよく転職先での再スタートを切るためにも、円満退職で終わらせることがとても重要です。

 

整備士として働きながら、転職活動を一人で行うには限界がある

転職活動の一連の流れをご紹介してきましたが、「仕事をしながら、転職活動の時間を確保するのが難しそう」、と感じた方も多いのではないでしょうか。

実際に、整備士として働きながら転職活動を1人だけで行った場合、納得の行く転職にならなかったというケースも多いようです。

 

初めての転職活動には、エージェントがオススメ

整備士としての仕事を続けながら転職活動をしたい、という方にはズバリ、転職エージェントを利用することをおすすめします。特に、転職活動が初めてで右も左もわからないという方には特に、力強いパートナーとなってくれます。

1.内部の情報に詳しい

2.スケジュール調整サポート

3.自己分析ができる

4.退職手続きのアドバイス

 

企業に精通しているため、内部の情報に詳しい

転職エージェントは企業の採用担当者と直接コンタクトを取ることができます。

そのため、エージェントを介して得た求人情報では社内の雰囲気や評価制度の仕組みといった、他では手に入らないリアルな情報も手に入ります。結果としてミスマッチを起こさないための、精度の高い企業研究が行えます。

 

応募代行とスケジュール調整のサポートで、転職活動中の負担を軽減

エージェントを利用した転職活動なら、整備士として働きながらでも無理のないスケジュールを組み立ててくれます。また、企業との間に入って応募や日程調整などの交渉を行ってもらえるので、転職活動の際に発生する様々な負担を大幅に削減できることも大きなメリットになります。

                     

転職のプロのアドバイスを受けながら、一緒に自己分析ができる

さらに、業界特化型のエージェントならば自動車業界の知識や整備士の仕事についても深い理解があるので、求職者に対し、客観的な視点を基にしたアドバイスを送ることができるため、より精度の高い自己分析を行うことができます。

また、客観的な視点に基づいた自己分析が行えれば、履歴書などの書類作成や面接時の自己PRを考える材料にもなり、選考を有利に進めることができます。

 

退職手続きについてのアドバイスを受けられる

初めて転職活動を行った人にとっては、円滑に退職手続きを進めることは容易なことではありません。

ですが、転職エージェントはまさに、転職のプロ。数多くの求職者を見てきたからこそ、退職時に起こりうる様々なトラブルを熟知しているため、どんなケースであっても円滑に退職までの手続きを進められるように、的確なアドバイスを送ることができます。

 

自動車業界の転職なら、アプキャリ

自動車用品メーカーの株式会社アプティが運営する転職エージェント・アプキャリなら、取引店舗数27,000店舗以上の幅広いネットワークから集まった、独自求人や非公開求人を多数掲載。さらに、自動車業界だけに特化しているから、自動車業界を知り尽くした専任のキャリアアドバイザーが、条件にこだわった理想の転職をサポートします。人気求人は早いもの勝ち。今なら、あなたの希望を叶えるプレミアム求人をご紹介。相談・登録は無料です。

 

自動車業界No1エージェント「アプキャリ」はこちら

 

自動車業界の転職で給料をアップする方法は? 〜自動車整備士転職のプロが教える、年収アップの秘訣〜 ​​はこちら

 

自動車業界転職のプロがこっそり教える!内定がぐっと近づく、履歴書・職務経歴書のコツ はこちら

 

自動車整備士転職のプロが教える、面接対策の必勝法 はこちら